自然派ワイン専門店 ラ・ヴィンニュ

ラ・ヴィンニュスタッフのブログ

自然派ワインを楽しむ・飲む

北海道、東京、静岡で自然派ワインを提供する「ラ・ヴィンニュ」のスタッフブログ。生産者の情熱のこもった本物のワインをお届けします。

>> 旧スタッフブログはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤキツヨイベント

先日ヤキツヨさんとのコラボイベントをお伝えします!!
コース内容から


そしてこのコースに合わせたワインのラインナップ!

酢もつに泡のピンクビュル 串物にジャルダンソンジュの組合せがお客様も良く合いますねーと大絶賛でした!!

そしてお客様も賑やかに盛りがってます


そしてこのイベントを休み返上で参加してくれました【てつやさん】


前回も今回も大好評でしたコラボ企画!!
また出来る様に企画していきますので是非お楽しみにしてて下さい。

焼き鳥×ワイン
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 16:58:01|
  2. 旭川店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵は新月

こんばんは

3/12日は新月ということで、月にもまつわるちょっと神秘的なお話です。

ラ・ヴィンニュで取り扱っているワインの多くのが、ビオロジック(有機栽培)で育てられた完熟ブドウから造られている事は皆さんもご存知かと思いますが、その中でも約30%程度ビオディナミ農法で栽培されたブドウから造られたワインがあります!

そもそも‘ビオディナミ農法’とは一体どのようなものなのでしょうか?
オーストリアのルドルフ・シュタイナーさんが提唱した農法で「シュタイナー農法」とも言われます。
・化学肥料、農薬の完全排除
・プレパラシオン(調合薬)の使用
・月や星座の運行に合わせた農業カレンダーの使用
・土地の活力に呼びかけ、その自然環境造りから考える農法
大まかにはこの様な工程の中で行われる農業です。

ちょっとオカルト的なところもありそうですね

ワインの醸造工程では天然酵母の使用や酸化防止剤(二酸化硫黄)の非使用(極微量使用する場合もある)。酸化防止剤としてのソルビン酸は一切使いません。

今日の新月がどの様にワインに影響を与えるかというと、月の引力が一番弱い時なので、澱が舞いにくく瓶詰めや澱引き、ワインを飲むのに適しているそうです!

ということで、明日13日はラ・ヴィンニュ旭川店でビオディナミの造り手「ジュリアン・クルトワ」のワインのグラスセットを数量限定でご用意致します!


ロワール地方自然派生産者の中でも第一人者の「クロード・クルトワ」を父に持つジュリアンは、自宅よりも先に醸造施設を作ったほどの情熱家!

更に限定でレアワインもご用意致します。こちらも勿論ビオディナミのブドウから造られたワイン♪お楽しみに!
  1. 2013/03/13(水) 00:07:55|
  2. 旭川店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

36感謝の日

明日3月6日は旭川サンロクのイベント36感謝の日が開催されます!!
ラ•ヴィンニュも参加店舗に入ってますので是非この日だけの特別価格をお楽しみ下さい!!
  1. 2013/03/05(火) 22:00:19|
  2. 旭川店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。